仕事に忘年会にスポーツに

カテゴリーは何にしようか迷いましたが、今日は滅多にしないスポーツをやってしまったので、それに決めました。

さて、前日終電で帰宅したもので、朝に起きられるはずも無く、11時頃起きました。実はこの日は、大森で何と100人連れスロ大会が催されており、俺も行きたかったんですけど、残念ながら月曜にある会議準備をしなければいけないので、ゆっくりもしていられません。いつも通りドトールで軽く朝食を済ませて、何とか13時前に職場に到着。てか、土曜ということもあって誰もおりません。まあいいです。一人寂しく、でも集中できる環境で、資料作りでもいたしますか。

連れスロの後は、大忘年会です。俺は、こっちの忘年会は参加する予定だったので、それまでに終わらせるよう、頑張って作っていたのですが、30分ほど遅刻して忘年会に合流。大体80人ぐらい参加したのかな?。この大忘年会は、一年に一回のBIGイベントで、普段会えない方にも、たくさん会えるので、貴重なイベントなのです。なんだかんだで、「半年ぶり」とか「一年ぶり」な、たくさんの面々にお会いいたしまして、あっという間に22時。

あ、そうそう、この忘年会で、俺は凄いことをやってしまいました。最後に賞品が当たる大ジャンケン大会が催されて、最後まで勝ち残った人がいい賞品が当たるのですが、俺が優勝してしまいました。いや、脚光を浴びるのも久しぶりだね。てか、仕事で脚光浴びろっていう突っ込みは無しです。そして、賞品は、

実機!

さて、何の機種でしょうか?。それは到着してから、また公表いたします。半年前まで寮暮らしだから購入を控えており、今の住居は置くスペースも無いから購入を控えていたのですが、これでがんばってスペースを作らなくてはならなくなったようです。ようやく、「パーラー華観月」が開店する時がやってきました。これで、金を使わなくても大丈夫!?。

Bounenkai_keihin

これが忘年会の参加賞。吉宗のウェットティッシュと大海のマグカップ。ティッシュは消耗品だから使うけど、マグカップはどうしよう。まあ、気長に取っておくことにします。

さて、忘年会の後は、大多数はまた飲みに行ってしまいましたが、俺含めて男4人で、歩いて平和島のボーリングに行きました。てか、俺ってボーリング何年ぶりなんだろう。おそらく入社して初めてなのでは?。それぐらいブランクがありました。でも、その日は無償に投げる気満々だったんですよ。こうでもしないと、ボーリングなんて機会無いですからね。さて、気になる結果の方は。

Bowling_after

88点、73点。途中まぐれのストライクとスペアが1回ずつ。2G目は、ほとんど力尽きてました。うっ、やっぱ歳には勝てませんね…。20年前(小学生時代)と全く実力が変わっていない点数に愕然としました。はい、俺は超ヘタです。もちろん4人中

ビリ

ですよ。モテるためにも、せめてボーリングぐらいまともに出来るようになりたいところですが、今の実力じゃ先は遠いよな。電車も無かったので、帰りは平和島からタクシー帰り。2日連続でクタクタです。明日はきっと筋肉痛なんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!レッズ優勝

今日のスポーツ新聞は、デカデカと浦和レッズ優勝の記事が載ってましたね。元埼玉県民である私も嬉しくなってしまったのは、やはりどこかに愛郷精神があるからだと思います。

思えばJリーグが10チームで発足したのが、私が高校正の時でした。当時、埼玉県の公立高校に通っていた私は、レッズの不甲斐ない戦跡の前に「レッズ弱ぇ~」「埼玉の恥だ」という感想をクラスメートと共有していたものです。でも、どこかに埼玉県民として強くなって欲しいという思いがあったのは事実。

一番情けない試合と思っているのが、対ヴェルディ川崎(現:東京V)戦で6点ぐらい取られて負けた時でした。その中のワンシーンで、空中でパスを交わしながらゴールを決められた時がありました(よく思いだせん…)。

そこには、当時の全盛期ヴェルディとお荷物チームと言われていたレッズを象徴しているようでした。相手のあまりに見事な技にレッズサポーターも「ヴェルディ!」と声を出している有様。見ていて悔しい思いをしたのを今でも思い出します。そして、「世界一悲しいゴール」を決めてJ2降格。

そんな苦難を乗り越えてきたチームだけに、こうして優勝できたことは本当に凄いことだと思います。感動のあまり、言葉でうまく説明できないけど、埼玉に生まれて良かったと思った瞬間だったな。

そして、そこに自分の人生と照らし合わせている俺がいた。俺の人生もいろいろ苦難がありドラマがあった。かつて受験に失敗した時は、もう生きていけないと思ったこともある。社会人になっても「偽りの指導者」になったり、「叩かれる役割」になったり、とても脚光を浴びている人生とは言えない。いつか俺も脚光を浴び、尊敬される存在になり、また自分で誇れる人間になりたいものである。そこには、根拠の無い自信で満ち溢れているものは無く、数々の実績に裏付けられた真の実力から形成されるものである。道は険しい、遠い、そして長い。時には引き返し、時には迂回を繰り返しながら、1歩1歩確実に近づいていることを自覚しよう。自覚するためには目的をしっかり持とう。毎日の生活に追われていると、ついつい忘れがちな習慣ではありますが、休日にたま~に、こういう物思いにふけてみるのも人生の軌道修正には必要な時間だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

強い浦和レッズ

優勝がかかっているサッカーJ1の浦和、今日勝てば悲願の優勝だったんですけど、引き分けでお預け。

Jリーグは、私が高校生の時に10チームで発足しました。当時の浦和は激弱チームで「Jのお荷物」とまで言われ、更にJ2との入れ替え制が始まってから、1回J2に降格し、1年でJ1の舞台に戻ってきました。

苦しい過去を背負ってきたから今がある。元埼玉県民として応援しているのもありますけど、もっと大事なものをレッズは教えてくれているような気がしてならない。

上手く言葉で表現できないけど、最初から高い能力があったわけでは無く、様々な困難をくぐりぬけて、優勝を争えるだけのチームになったという事実に共感したい。

いつかは俺も「こいつと仕事して良かった」と思われるような人間になっていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wカップ

気がついたら、もう今日がオーストラリア戦だったのですね。家に帰って風呂に入ってみると1-0でリード中。既に後半も20分が経過しており、凌いでくれると思ったのですが、後半の30分過ぎから立て続けに3点を奪われて、あっけなく敗北。見ていて情けなかった。これが今の日本の実力ということですね。

日本のW杯は、今日の時点で終わったも同然だな。そしてジーコ監督の任務も、これで終わることになるだろう。

ま、あんましサッカーには興味無いけど、これで仕事に集中できそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

慶早戦

競馬のダービーじゃないです。野球の話です。気が付いたら、もうこんな季節でしたね。春季は大体、5月の最終週~6月の頭の週末に行われます。今回は、途中まで優勝しそうな展開だったから、ウォッチしていました。

土曜は雨で中止、日曜●、月曜○、となって3回戦まで、がんばったのですが、今日の結果は、火曜●となり、早稲田相手に勝ち点を落としました。

今回の優勝は法大で、慶早戦の前に優勝が決まってしまっていたので、テンションもあまり上がりませんでしたが、いつになっても、母校は応援したいものです。

以上、東京六大学野球の話でした。公式HPあるので、興味がある方は覗いてみて下さい。

もう、何年神宮に行ってないんだろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリノその2

土曜以来相変わらずテレビなんぞにスイッチは入れておりませんが、PC上でオリンピックの結果は、ちらっと見たりしています。相変わらず日本勢のメダルは無いようですね。前評判から、あまり盛り上がってなかっただけに、それも仕方無いとは思っていますが、会社でも、「ああ、そう言えば、そんなのもやってたっけねえ」ぐらいのノリですから。全くもって盛り上がっておりません。

ジャンプ勢も全く奮わなくなってしまいましたねえ。世代交代がまだ完成していないのでしょうか?。かつて長野五輪で沸いた盛り上がりは、どこへ行ったのやら。

さて、スケートの清水選手は、弊社のスケート部の所属です。

スケート部なんてあったの?

同じ会社の人間の私でさえ知らない存在。スポーツと関わっていなければ、そんなものです。清水選手の所属が知っている方は、私がどこに勤務しているか、お分かりになったことでしょう。

そんな今日、清水選手が出場する日です。定時終了後になんと社内放送がありました。

「今日、日本時間の12時に、スケート部所属の清水宏康選手が出場しますので、皆様の暖かい御声援をよろしくお願いします」

夜中から、そんな中継見てられっかって言うの。金曜ならまだ分かるけど。明日も会社なんだから、とっとと寝るんです、私は。

それは、さておき、昨日打った鉄拳は、HPの翌日設定6発表を見ると、

設定6だったようです。

たまには、俺の推測も当たるんだな。まあ、鉄拳の設定6なら捨てても、悔しく無いから別にいいんだけどさ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トリノ

そう言えば、もうそんな季節なんですねえ。就職してから、スポーツのイベントには、めっきり疎くなってしまいましたが、それでも久々に見ると、心が躍らされます。

ほとんど地上波のテレビすら見ていない私がトリノに気づいたのかと言いますと、土曜ということもあり、久々にテレビでも見ようとスイッチを入れた、やっていたといった感じです。2時間以上も見てしまいました。

上村愛子の、あの「コークスクリュー720」なんていう、カッコイイ名前の技を耳にしましたが、いざ見てみると、

「スゲー」

とても人間技とは思えなく、感動してしまいました。そんな大技を決めたにも関わらず5位という結果に、ルールの違和感を感じてしまうのは、私だけでしょうか?

これも、見た時に初めて知ったのですが、技を決めるエアと呼ばれるのは、僅か25%の点数配分しか無いそうです。その他はターン点が50%、タイムが25%。これじゃ、いくらエアの技を磨いても、ちとメダルは苦しいかな?なーんて個人的には思ったりしました。

さっき、ニュースを見ていたのですが、ジャンプの原田が失格になったらしい。4年に一度の大舞台なんだから、しっかりして欲しいです。まだ、日本メダル無いみたい。このまま0個で終わるのかな?

さて、それはさておき、今日のスロ状況はと言いますと、、、、、

鬼浜の設定6で49k負けましたが、何か(怒)?

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)