« 山梨から帰還しました(その2) | トップページ | 三国志検定 »

山梨から帰還しました(その3)

さて、一眠りした俺は悠々と夕食タイムを満喫すべくレストランへと向かった。
ここのフルコースを食べられるのは本当に幸せレストラン
地元産のワインを加えて注文することで山梨豪遊している気分を引き立てますワイングラス
昨日、フルボトルを飲みきれなかったので、この日はハーフボトル。
ワインは白派です。ということで、二日続けて白です。
あ、ちなみに初日に飲み残したボトルを持ち帰ったわけですが、一週間経った今も冷蔵庫の中です(笑)。
普段、家じゃ酒飲む習慣無いんでたらーっ(汗)
いつ、飲もうかしら?

ちと話が逸れましたが、やはりお気に入りはメインの魚料理と肉料理。
前とメニューは違うからリピーターとして来ても飽きません。
ここ数年でフルコース食べる回数がやたら増えた気がする(笑)。
まあ、それだけ俺もいい身分になったというわけだ。
そんな俺がまたいいわけであり、自分で自分を祝うべく旅しようという気も起きるわけだ。
食事は、よく噛んで、素材の味を味わい、拘束も無いことをいいことに、ゆったりと時間を過ごし、やっぱり1時間くらいかけて楽しみました。

食事の後はダーツバーへ。
ホテルの車で送ってもらうよう頼んだが、観光地以外のところはNGだとのこと。
何でやねん?半年前は送ってもらったのに。
というわけでお目当ての場所までタクシーで移動。
な~んにも無いところにスナックやらテナントが10店くらい固まっているところに一つにダーツバーがあります。
俺の事を覚えていてくれたようで、びっくりしました。
半年前に1回来ただけなのに、俺ってそんなに目立つのかなexclamation & question

というわけで、ここのマスターさん達と、
樹海にまつわる話とか、河口湖や山中湖にまつわる話とか、ご当地の話を聞かせてもらい楽しいというか面白い時間を過ごさせてもらいました。
「何杯飲んだ?2杯?じゃ\700ね」
という客との信頼関係(?)の上に成り立った会計とか、最後の客が帰ったら閉店というシステムがいつ来ても新鮮です。
ダーツの方は相変わらず迷走でしたが、まあ普段行かない場所で投げられるってこと自体が良い体験です。

何だかんだでこの日も1時過ぎまで居てしまいました。
普段は終電には帰るんだけどね。
夜遊びもほどほどにしようぜ、俺。
前回はここから徒歩で帰ったつわものの俺ですが、今回はタクシーで帰りました。
遊び疲れた~というわけで、ようやく2日目が終了した。

11/2(日)

ここのホテルのいいところはチェックアウトが12時なんです。
ギリギリまで寝るぞ~眠い(睡眠)といきたいところだが、朝食は10時までなので、9時半くらいに朝食を済ませて、その後お風呂に。
ここの大浴場も温泉水なので、とりあえず朝から温泉を満喫することに。
俺一人なので貸切だぜぃ。
でも湯の温度が熱かったので長湯はできなかった。
で、正午前にようやくチェックアウト。

最初は半年前にも行ったけどカチカチ山にでも行ってみるか走る人と思った俺だが、いきなり想定外の光景に出くわすことになる。
ロープウェイ乗り場が長蛇の列なのだ。
凄すぎる。
半年前に行った時は平日だったので、速攻で乗れたのだが…。
1時間は並びそうだ。
さすがにこんなところで、時間を食うわけにはいかない。
ホテルの人もここまで並んだのは久しぶりと言っていました。
でも、今混んでくれなきゃうちも潰れちゃいますからあせあせ(飛び散る汗)
って言ってたな。
人気があるこのホテルもまんざら懐具合に余裕があるわけでは無いようである。
ホテルの車で河口湖駅まで送ってもらい、その後の行動を考える。

レトロバスで洞窟めぐりなんてものを考えてみたが、
駅に着いた時のすんごい人だかりでテンションは一気にダウンバッド(下向き矢印)
こいつらみんな観光客です。ていうか俺もだけど(笑)。
レトロバスもほぼ満員で、荷物抱えながら観光する気も起きん。
車で15分程度の立ち寄り温泉も、この時間からはきっと凄い人になるだろう。
そうなると選択肢はパチンコ屋しかありません(笑)。
こういう時のために、この周辺のパチ屋の場所を事前リサーチしておいたのでした手(チョキ)

電車で1駅、富士急ハイランド駅まで移動。
パチ屋の場所を富士急ハイランドの受付で聞いた(笑)俺は、ハート達(複数ハート)ハート達(複数ハート)カップルたくさんの遊園地を横目にパチ屋へと足を運ぶ。
徒歩10分もしないうちに店が見えてきたのだが、入り口から出てくる車の多いこと多いこと。
もしかして座る台すら無いのかexclamation & questionそれとも、もう負けたのかexclamation & question
そうだとしたら、負けるの早すぎだろうたらーっ(汗)

結局、旅打ちになってしまったわけですが、とりあえず「キャッツアイ」でも打つ。
無限キャッツタイムが10GちょっとでREGに蹴られるお約束があったものの1000枚程度まで出して調子良かったのですが、スコーンと飲まれて「キン肉マン」へ。
7台くらいあって既に2台出ていたから望みは薄いものの、ここでちまちま打つことにするが、やっぱり負けそう。
2万負けになったら、少し時間潰して大月に向かおうと思っていた矢先、奇跡が起きたのである。
たまたま揃った黒7からマッスルタイムに突入!
500枚くらい出して半分くらい取り返せれば御の字と思っていたら、思ったより伸びてくれて結局14連までしてくれて2000枚以上をゲット。
結果、\26,000のプラスで終わりました手(チョキ)
少しは旅費の足しにすることができました。

思ったより連チャンしてくれてしまったので、マイミクさんとの待ち合わせ時間に遅刻したものの無事に合流し、旅最後のダーツバーとなる大月の店へ。
相変わらずの雰囲気。
スロットの台が代わっている。
「秘宝伝」があったので、無性にやりたくなった。
ダーツそっちのけで、またスロット(笑)。
3回ボーナス引いたのですが全部REGたらーっ(汗)
いつになっても引き弱は健在のようです。
結局\1,900の負け。さっきと比べればかわしい負け額である。
今日はいつになくお客さんが多かったので、あまり投げられなかったのですが、大月ダーツを満喫することができました。
ここのドリンクは安いのがウリ。
ウーロン茶\200なんて、こっちじゃ考えられないものぴかぴか(新しい)

そんなこんなで終電の時間。
ほとんで寝ていましたが、無事に川崎に帰還し、旅は終了しました。
今回もまた、温泉にグルメにダーツに、スロットは余計だったけど(笑)、俺らしい旅にすることができました。
また来よう、山梨。
次回行く時は、もう少しまともなダーツできるようになって、ゲームそのものも楽しめるようになりたい。

さて、今度はどこに現れようかな??走る人

栄養が偏ったためか、今、口内炎が痛いです衝撃
チョコラBB飲んでも治らな~いたらーっ(汗)

|

« 山梨から帰還しました(その2) | トップページ | 三国志検定 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山梨から帰還しました(その2) | トップページ | 三国志検定 »