« 山梨から帰還しました(その1) | トップページ | 山梨から帰還しました(その3) »

山梨から帰還しました(その2)

さて、山中湖のダーツバーに無事に辿り着いた俺は早速入店。
スタッフさんらしき人が一人で投げている。
一人なんだから、そりゃスタッフに決まっているかあせあせ(飛び散る汗)
他にお客さんは誰もいない。
というわけで、来たからには、軽くアップがてら投げてました。
そして、遥々川崎からやってきた事も含めて話しているうちに、どんどんとお客さんが増えていき、いつの間にか座る場所が無いくらいになっていました。
閑静な住宅街でひっそりしている地域で、この空間だけ凄い人口密度というギャップが逆に新鮮だったりしますぴかぴか(新しい)

ここも含めて山梨のダーツバーの客層は20代が中心のように思いました。
要するに俺より若いということ。
俺のホームは30代が割と多いから、久々に若人の刺激を受けたような気がしました。

もちろんご当地の方々とも投げました。
山梨入りして更にダーツの腕前は迷走し、投げ方を忘却。
01は何と自己最低の17.0台のSTATSが出てしまいましたバッド(下向き矢印)
狙ったってなかなか出せないぞ!
ある意味凄い体験をしました。
まあ、それも記念、それも思い出。
あと30回やれば消えるんだから、気にせず流すことにしましょう。

地元の常連客ばっかなので、遺風漂う旅人の俺は珍しがられます。
ホテルから自転車で20分程度かっ飛ばして来たことを言うと、
「そんな遠くから来たんですかexclamation & question」という反応。
おいおい、同じ山中湖だろダッシュ(走り出す様)
地方に行くと、皆はそういうのですが、時間感覚が違うのです。
5分以上かかると遠いと判断するのが基本らしいです電球

途中、オーナーを名乗る人がやってきて
「川崎っすかexclamation ×2 川崎だとセッ○スっすよねexclamation & question
と絡んできた(笑)。
まあ、確かに俺は川崎のソ○プ街から徒歩5分程度のところに住んでいるわけでありますが…。
とまあ、そんな面白いオーナーとも知り合いになり、
「もっと投げましょうよ~」
と誘われたのですが、時間は既に夜中の1時。
チャリンコでホテルまで戻らなければならないのと、明日以降の行動が辛くなりそうなことを考えると無理はできない。
また、いつか訪れることを告げて店を後にしたのであった。

行きと同様、ここから暗闇の中、チャリで帰ります自転車
外の寒気が気持ちよろしい。
既に夕食のワインによる酔いをすっかり抜けていた。
しかし、疲れから自分がどこに居るのか把握できなくなってしまった。

ホテル、もしかして通り過ぎたかな?
ここってどの辺なんだろう?

やばい、迷ったたらーっ(汗)
ここで一晩過ごすのかexclamation & question
いかん、落ち着け、俺。

冷静に考えて、目印を探すために一度道を引き返すことに。
しばらくするとバス停があった。
持っていた地図を見る。
どうやら、まだホテルは過ぎていなかったようだ。
ここでようやく自分の位置を再確認することができた俺は、無事にホテルへ帰ることができたのであった。
オーナーがフロントで起きていて待っていてくれました。
ちょっと悪いことしたな。ゴメンよたらーっ(汗)。夜遊びしちゃって(笑)。
もう1:30だしね。
そのまま就寝して、長き長き1日目が終わったのであった眠い(睡眠)


11/1(土)

素晴らしい秋晴れである晴れ
朝食も昨日と同じく重厚なクラシックで暗い複雑な気分ですバッド(下向き矢印)
何だか不思議なホテルでしたが、これもいい思い出。
また来ようとは。。。あんまり思わないかな。
次回来る時は、まず違う宿を探そう。
チェックアウトして、ようやく山中湖を拝む。
そして間近で見る富士山も富士山
雲も無くてっぺんまで見えました。
山中湖があり、樹海があり、富士山。
3点セットの景色を見ると、ここまで来たんだなあという気持ちにさせられます。

いい天気なので湖畔を散歩。
まずは温泉へと向かいますいい気分(温泉)
3km程度と思っていたので、30分程度で着くだろうと目論んでいたら、1時間近くもかかった衝撃
そんなわけで午前中から温泉タイム。
入ったのはココ。

http://www.asahi-net.or.jp/~UE3T-CB/spa/benifuji/benifuji.htm

シーズンで土曜ということもあり、それなりに人も居たけど、結構広いです。
それに何と言っても露天風呂から富士山を拝むことができます。
天気もいいから最高やったわ~。
露天の檜風呂はぬるめの温度なので長湯ができ、気に入りました。
俺は熱い風呂より、ぬるい風呂で長時間入る方が好きなんでグッド(上向き矢印)
休憩室で横になってボーッとしながら、
「俺、こんなところで何やってんだろう?」
と思いながらも、ゆったりとした時間を満喫したりしてました。
マッサージとかいろいろ施設やサービスもあるので、その気になれば、俺は1日ここで過ごせる自信があります(笑)。

風呂に入って腹が減ったので近くの店でラーメンを食べて、バスで富士吉田に戻りますバス
お土産屋があったので、山梨Verのキティちゃんボールペンを購入。
北海道、伊豆に続き山梨、と合わせて、もうかれこれ20本近くになり、コレクションとして大分まともな数になってきましたるんるん

そして、ようやく第二の目的地である河口湖に到着。
チェックインした頃には、もう夕方でした。
ホテルの駐車場は満車状態。
夕食の時間は、早い時間帯は満席だから後にして欲しいとお願いされたので、それまで寝ることにする眠い(睡眠)
ホテルに着いたら疲れがどっと出てしまってね。

ちなみに泊まったのはココ。

http://www.winlakehill.com/

3月に泊まって気に入ったので、リピータになってしまいました。
夕食はフレンチのフルコースレストラン
1泊2食で\20,000を越えるが、それだけの価値はあります。
豪遊したい人にはお勧めしますよ~。

旅も終盤に差し掛かってきました。
続きは、また今度…。

|

« 山梨から帰還しました(その1) | トップページ | 山梨から帰還しました(その3) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山梨から帰還しました(その1) | トップページ | 山梨から帰還しました(その3) »